フラテルニテ終了~(フラテルニテネタバレアリ&エロ注意)


Clockupの最新作フラテルニテをフルコンクリアいたしました。

はましま薫夫+Clockupといえばやはりeuphoriaという名作を抜きには語れません。

エロゲーを作品としてプレイする経験がほぼ無かった自分にとってたまたま薦められるがままにプレイしたeuphoriaの衝撃はすさまじく、ゲームというものの定義の幅広さを再認識するとともに、自分の今までの了見の狭さを痛感するきっかけともなかった作品です。

グロ、スカ耐性のあるひとは是非ともプレイをお勧めします。本当に素晴らしい作品です。

で、話は戻ってフラテルニテですが、こまかい評価はあえて避けますが。

トゥルーエンドの成分が、個人的な受け取り方的には
80%バッドエンド+20%の切なさという感じでプレイし終えたあとはシュンとしました。

端的に言って登場人物はほぼとんでもない形で死にますし、
救えそうだったらヒロインも滅多刺しにされて殺され、最愛の姉は自殺。
妹は陵辱されすぎて気が狂う。

これがトゥルーエンドですから。もうこんなのシュンとしますわ。

ただ、あえてキャラクターの感情移入を遠ざけるような頭身からして確信犯的なんですよね…。
僕はもしコレeuphoriaがこの手の終わり方だったらたぶん心が折れて立ち上がれなかったと思います。

喩えるなら、
まどかが12話でワルプルギスの夜を倒した後普通に魔女化、
絶望で濁るほむらのソウルジェム…フェードアウト終了

っていうEDのまどか☆マギカだったらどうです?

僕は好きにはならなかった。

そうそんな感じ。

フラテルニテはそういう本当に最初から最後までフリーフォールにどん底まで救いがないゲームです。

リョナ、スカ、ロリ陵辱のレベルも有識者への燃料としては最強クラスの表現に挑戦しているんので、見ていて相当に不快さMAX。

でもね、僕はeuphoriaをプレイしたときに、R18作品だからこそ出来る表現というのはなにも性表現だけではないという事実にけっこう驚いたのです。
それはもちろん残酷表現もなんだけど、鬱的な刺激だったり、極端にダウナーで救いのないストーリー性だったり、こういうのは極度にニッチなコンテンツじゃないとできないんですよ。

普通はだれだって損得を考えるさ

なのです。

だから、僕はこのゲームのエンターテインメント性の低いストーリーを好きではないけれど、作り手がこういう表現を選んだことは凄いなと思うのです。

遊び手としてごくごく一般的な感情としてこうであってほしかった。

こうだったらどれだけ好きになれたか解らない。そして
こうだったらより多くの人にとってカタルシスだったのではないか?という
のは簡単に思いつくんですよ。

ですが、あえてそういう結末を作り手が選択しなかったのはコレニッチのエロゲだからこそ許されるのかなぁとかは思うのです。

当たり前ですが僕の中のエンターテインメントの定義としては完全に禁を犯している感がありますので凄いとは思いますが、評価としては難しいです。

ちなみに僕ははましま先生の絵は大好きですのでそういう意味では勿論楽しめました。
好きになれそうなキャラも一杯いたのに、誰一人救われないのにこれ以上の感情移入ができませんw

あーでもある意味コレって二次創作性はあるのかもしれませんね。

以上。

(crossbreedからリブログ)
(seiyupからリブログ)

従来のコマは、完璧に左右対称の形状をもち、球根のように膨らんだ本体が、下部へ行くに従って細くなっている。しかし、研究チームが開発したソフトウェアを使えば、どんなに奇妙でおもしろい形状の物体でも、バランスのとれたコマに変身させられる。

その方法は、ある部分の重量を増やし、別の部分は空洞にするなどして、物体内の質量分布を調整するというものだ。これによって、不規則な形状の物体をコマやヨーヨーにしても、最適化によって、驚くほど安定して回転するようになる。

任意の物体の3次元モデルを入力すると、アルゴリズムが、希望する軸の周囲を安定して回転させるには質量をどのように分布させればよいか、1分足らずで計算してくれる。アルゴリズムが最適化するのは物体の「慣性モーメント」、すなわち特定の軸を中心とした回転への抵抗性を表す物理特性だ。

この最適化には、物体の全体的な形状および内部構造の変更を要する。最適な質量分布を実現するために、物体を3Dプリンターで出力し、ある部分は空洞にしたり、また別の部分は重い素材を使って重量を加えたりする。

慣性モーメントは、多くの機械系において重要な特性であるため、このアルゴリズムは、コンピュテーショナルデザイン分野にも応用が可能だ。たとえば、系全体の慣性抵抗を減らすことで、よりエネルギー効率の高い機械構造を作製するといった応用が考えられる。

(yaruoからリブログ)
最悪の事態を引き起こすのは、決まってポジティブな奴である
(hsgnからリブログ)
(seiyupからリブログ)
(automotivatedからリブログ)

(出典: ma-ma-ma-maccaroni)

(perfume-ptaからリブログ)
上司と一時間ぐらい面談したけどストレスの一番の原因が目の前の上司だって言えないから俺の心には生まれついてのマジモンの闇が存在するみたいな結論になった
(yaruoからリブログ)
1.無職、フリーター (論外、ありえない、どんなイケメンでも無理、学歴を自慢してくるフリーターがいて「え?でも今はフリーターじゃん」って思った)
2.月の手取りが30万以下 (将来が見えてこない、デートも割り勘にさせられそう、結婚しても自分が好きな服とか買えなそう)
3.食べ方が汚い(育ちが知れる、見てて食欲がなくなる)
4.いい歳して童貞 (なんか欠点があるんだろうなって思う、普通の人なら20歳すぎて童貞ってあるはずない)
5.趣味が痛い (アイドル、アニメ、フィギュア、TCG、インターネット、ギャンブル、株FX)
6.卑屈 (愚痴の相手するのが面倒、自信ない男は頼りない)
7.すぐエッチしたがる (結局それが目当てなんだねって思っちゃう、やったら捨てられそうで信用できない)
8.私服が変 (チェックのシャツとか色あせたデニムとかきもすぎ、一緒に歩きたくない、安物が素材で粗が見えることに気づいてない人は人間が浅く見える)
9.ファッションやメイクのダメ出しをしてくる (女心がわかってない、ダメと思っても褒めてほしい)
10.他人の悪口を言う (私のことも裏で言ってるのかなって思っちゃう)
11.もぐろ
(yaruoからリブログ)